マイクロバスを運転するために中型自動車免許を取得しました。

大学のサークルでよく合宿するので、宿泊施設に行くときはマイクロバスを手配してもらい、運転はサークルの先輩にお願いしていました。しかし、この先輩が大学を卒業するので誰かが免許を取る必要が出てきたのです。しかし、中型自動免許を取ると20万円近くの教習料金が必要になります。さらに普通自動車免許も必要ですから合計すると40万円以上必要です。みんなが躊躇しているので大型自動車免許取得に興味のあった私が免許を取ることにしました。2007年の改正法施行までに普通自動車免許を取得していれば限定解除をしてマイクロバスを運転できたのですが、その頃はまだ普通自動車免許を取ることはできない年齢でした。いわゆる「とびこみ」で免許を取ることは私には無理なので、教習所に通って免許を取得したのです。実際に教習を受けてみた感想は、エアブレーキというブレーキが普通車と比べてだいぶ感覚が違うということでした。ブレーキをアクセルと同じように踏む必要があります。うまく踏まないとブレーキがかからずガクガクしてしまいます。教習中はクラッチを踏まずにギアを入れたり、不要な切り返しをしたりなど紆余曲折がありましたが、無事に中型自動車免許を取得できました。サークルのメンバーを乗せて合宿に行っていますが、普通車では経験したことのない大勢を、マイクロバスに乗せて運転しているので、注意深く運転するようにしています。